転職をする時のローンは早めに申し込む

人々は、たまに転職をします。給料や職場環境など様々な事情で転職する訳ですが、その中にはローンで借りたいと思う方も見られます。

その場合は、借りるタイミング等には気をつけた方が良いでしょう。タイミングを誤りますと、借りるのが難しくなる事もあるからです。

1.勤めた年数と借りやすさの関係

そもそもローンという商品では、勤め上げた年数がポイントになってきます。その商品の申し込みをする際には、申込書などに勤続年数などを記入する事になるでしょう。

文字通り1つの会社で勤めた年数を指します。その年数は、原則としては長い方が有利です。例えばAさんという方は、ある会社で勤めた年数が10年ほど経過したとします。

それに対してBさんは、まだ1年も経過していない状況です。このAさんとBさんでは、大抵はAさんの方が有利になります。というのも金融会社としては、融資希望者の安定性を重視する事が多いです。

1社で長らく勤めた方々などは、安定感もあるのでお金も借りやすい訳です。ちなみに一般的には、勤めた年数が1年を超えたか否かが1つの目安になります。

2.転職をしたばかりの頃は年数が短い

ところで上述のような転職をしますと、当然の事ながら年数も変わってきます。例えばCからDという会社に転職をしたとしましょう。それでC社で勤めた年数が、10年近くだとします。

それでDという会社で改めて働くようになった時には、勤続年数がリセットされる事になるのです。当然ですが、D社では年数が1年未満などになります。

3.内定になる前に借りるようにする

それで上記のような勤続年数と融資の受けやすさに関する問題があるので、D社に入ってからはローン申し込みをしない方が良い事も多いのですね。

上述のBさんのように数が1年未満となってしまい、落とされる確率も高まってしまうからです。まして上記のC社では、10年も勤め上げている訳です。その場合はD社に入る前にローンを組むよう心がけた方が良いでしょう。

C社に在籍中にローンを組めば、融資を受けることができる確率も高まるからです。上述のタイミングとは、そのような意味ですね。できるだけ早めにローンを組むのが望ましいのです。

内定前に申し込むのが良い

ですので転職とローンに関しては、

・勤めた年数が短いとローンに通りづらい
・転職先の内定に伴って勤続年数が短くなってしまう
・内定後に申し込むのではなく内定前に審査を受ける

主にこういった点が言えます。ですので3点目を心がけるのが、やはり重要でしょう。