ローンは固定金利と変動金利どちらがいいの?

そろそろ夢のマイホーム購入を考えている方もいると思います。マイホームを購入するとき、ほとんどの方は銀行からお金を借入て住宅ローンとして返済していくと思います。

ではその住宅ローンをどこの銀行で組むのか、また金利は固定、変動どちらにするのかを決めなければなりません。特に金利については今後の生活にも大きく関わってくる重要な事なのでしっかり調べて決めることが大切です。

1.金利とは?

銀行からお金を借りたらその分の利息を支払います。借りている額に対しての利息の事を金利と言います。今は日銀がマイナス金利を発表したので、数年前に比べたら金利はだいぶ低くなってきています。

例えば3,000万円を30年間で返した場合、金利が1%違うと返済額の総額が500万円以上違ってくるのです。借りている額は同じなのに500万円も違うのは驚きですね。

このように金利は住宅ローンを返済していく上で重要なポイントなのです。その金利にも固定金利と変動金利があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

2.固定金利とは?

ローンを返済し終わるまで金利は当初のままなので、返済額は変動しません。ローンを組んだ当初から金額が明確になっているので、後はコツコツとローンを返していくだけです。

変動と違い、金利が一定なので安心感があります。しかしローンを組む際の金利は変動するリスクのある変動金利よりも高い金利が設定されています。

3.変動金利とは?

変動金利の金利は半年に1回見直されます。金利は短期プライムレートに連動しており変動していきます。したがってその金利の変動によって返済額も変動していくという事です。

しかし変動金利はリスクがある為、ローンを組む際はかなり低い金利が設定されています。それが変動の特徴ではないでしょうか?

また、固定金利と変動金利をミックスさせた、5年固定や10年固定もあります。これはその期間は固定金利で期間が過ぎると変動金利となります。

結局、固定金利と変動金利どちらがいいの?

それぞれの特徴についてまとめてきましたが、どちらがいいのかは一概には言えません。それは住宅ローンを返済し終わるまで誰にも分からないのです。これからの金利の変動も予想するしかありません。

少し高めの金利だが安心の固定金利を選ぶのか、変動のリスクはあるが少し金利の低い変動金利を選ぶのかをよく考えてみてください。

また途中で変更も可能なので日本の経済、世界の経済の動きをよく見て日頃から金利をチェックすることをオススメします。