金利変動をうまく活用!借り換えでローン返済負担を減らす

ローンの金利負担に苦しんでいる方におすすめの解決策が「借り換え」です。借り換えとはお金を借りる先を高金利のローンから低金利のローンに変更することで、金利負担を大きく減らすことが出来る方法です。

借り換えるための条件が限られるなど制約もありますが、借り換えが可能であるなら実行したほうがお得です。まずは借り換えについて学びましょう。

借り換えとは

ローンの借換えとは、高金利で組んだローンを低金利のローンで借りた資金で一括返済し、新たに借りた低金利のローンを返済していく返済プランです。

借り換えを実行するためには現在の金利がローンを組んだ当初よりも低くなっている必要が有るため、政策金利のお大幅な引き下げが実行された時に可能になります。

借り換えに関しては銀行などの金融機関が借り換え専用プランを用意しており、担当者と相談しながら進めることで専門知識がない方でも手続きを進めることが可能です。

実行することで減らせる金利負担は多い時で数百万円になることもありますから、将来的な支払いを大きく減らすことができるでしょう。

借り換えのメリット

借り換えの最大のメリットは、ローン返済総額の減少です。借り換えを実行することで支払うはずだった高金利分が減少し、支払う金額は低金利で計算した利息のみになります。

返済総額が高額であればあるほど、返済期間が長いほど借換えによって得する金利差分の金額は大きくなりますからなるべく早めに借り換えを実行したほうがメリットも大きくなります。

・返済期間の残りが10年以上
・ローン残額が1000万円以上
・金利差が1%以上

以上3つの条件を満たすことが借り換えメリット発生の目安です。少額のローンや短期ローン、金利差が小さいケースでは借り換えによるメリットは少ないので注意が必要です。

借り換えの注意点

得することのが多い借換えですが、注意しなければいけないデメリットも存在します。借り換えを実行するためには手続きに伴う手数料が発生します。

手数料はローンプランの内容や金融機関によっても異なりますが、最低でも30万円程度は必要です。借り換えによって生まれる利益が手数料よりも少ないのであれば借り換えると損になってしまうので注意が必要です。

借り換えの実行に際して保証金を要求されることもあります。保証金は最初の借入先から一部変換してもらえるのでそれを資金にすることが可能ですが、ある程度まとまったお金がなければ借り換えを実行することはできません。

借り換えは新たにローンを組む作業ですから、当然審査が行われます。これまで問題なく返済をしていたとしても申込先が異なれば審査基準は異なりますから、審査に落ちてしまう可能性はゼロではありません。

一度審査落ちしてしまっても別の金融機関に申し込むことは可能ですが、手間も時間もかかってしまいます。借り換えのためのローンをどこに申し込むかも慎重に検討しましょう。

メリットとデメリットを比較することが大切

借り換えは大きなメリットがありますが、デメリットも有ることを忘れてはいけません。

ローン負担が軽減されるかどうかはローン残高や契約内容によって変わります。メリットとデメリットを比較し、本当に得するかどうかを検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です