ローンで延滞になるとどうなるのか

ローンで借りた時は、もちろん返していく事になります。そしてこの商品は、原則として月1回程度のペースで返し続ける事になりますが、締め切り日などには要注意です。その日に遅れてしまいますと、延滞に関連する様々な問題が生じてしまうからです。

1.手数料に関する問題点

例えば毎月の返済日が25日に設定されたとします。もちろんその場合は、25日に返す必要があるのです。ところが人によっては何かの事情があって、25日でなく27日でないと難しい事があります。

お勤め先の事情などによって、給料が支払われる問題が生じるので、25日に間に合わないケースもある訳です。この場合、手数料が高くなってしまう事があります。普段の手数料が年間18%に設定されているとします。

それで上記のような延滞が遅れると、20%などと高めになってしまうのです。もちろん27日に返した時には、26と27の2日分は20%の手数料になってしまいます。普段よりも高くお金を払う事になってしまうので、要注意ですね。

2.延滞時には電話が来る

ただほとんどのローン会社では、間に合わなかった時には電話が来ます。上記の場合は、たいてい26日に金融会社から電話が来るのですね。いわゆる督促の電話です。

その電話の際には、何日までに返すことができるかを約束するケースがほとんどです。また「なぜ」返すのが難しいか、理由も伝えておくと良いでしょう。理由を正直に伝えますと、最適な方法を提案してくれる事もあります。

3.エスカレートには要注意

それで一番肝心なのは、上記で約束した日を守ることです。督促の電話が来て28日に返すと約束をした時は、必ずそれを守る必要があります。

万が一その約束を破ってしまいますと、だんだんと問題点がエスカレートして、自宅に金融会社の担当者が訪問に来てしまう事もあるのです。それで話が面倒になるケースも目立つので、気をつけた方が良いでしょう。

4.遅れそうな時は自分から電話を

それで上記の26日のような状況になりそうな時には、自分から進んでローン会社に電話をするのが大事です。正直に電話をすれば、1回程度の延滞は多めに見てくれる事もあります。逆に自分から電話をしないとエスカレートする傾向があるので、要注意です。

締め切りが守るのが大切

つまり延滞については、

・期日を守らないと手数料が高くなる
・大抵は翌日に督促の電話が来る
・エスカレートしてしまうと大変
・遅れそうな時は自発的に電話する

このような事が言えるのです。結局、延滞は何も良い事がありません。色々とネガティブな状況になる事例が多いので、返済日をしっかり守るのが重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です